スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニラスパイス

→ 超お気に入りボディバター「バニラスパイス」

バニラスパイス・ボディバター♪

THE BODY SHOPの2005年クリスマス限定シリーズのひとつです。
クランベリーのシリーズが大人気らしいんですが、私はバニラスパイスにやられました。
ひさしぶりににおいモノにはまりましたー。
冬ならではのちょっと重めの、すこしクセのあるバニラの甘ーいにおいです。
パッケージもかわいくて好き。渋い金色♪ 模様もかわいい。

シリーズ内では、ボディバターが特にお気に入りです。
ボディバターってはじめて使ったけれど、コレすごくいいですね!
ひじとかひざとか白くならないし。乾燥で痒くなったりもしないし。素敵♪
冬のあいだはみっちりお世話になりそうです♪

自分でもびっくりするくらい、バニラスパイスにはまってます。
身体に塗る系のにおいモノにはまったのははじめてかもしれません。
においモノは好きなのですが、身体に塗るにおいモノはどちらかというと苦手だったりします。
シャンプー&リンスも、においの強いものは使えないです。酔うから…
香水も胸から上にはつけらんないです。お気に入りの香水でも気持ち悪くなっちゃう(泣)。
(友達が香水を手首につけて→首筋に、とかしてるのを見ると素直にうらやましいです(笑))
バニラスパイスはだいすきなんですが、きらきらボディシマーは私にはにおいが強すぎでした…
腕と脚に塗ったら酔いました(泣)。少量でもだめだった…あああ。
ボディバターはボディシマーよりにおいが弱いからか、単に慣れたのか、
首とかに塗っても平気なのが嬉しいです。今年は粉ふきさんにサヨウナラ~。

限定なのが残念。定番化すればいいのにな。でも夏はちょっと重苦しいかな。
さっきボディショップのネットショップをのぞいてみたら、品切れになってて残念でした。
店頭にはまだあるかなぁ。あったらきっと買います。ボディバターとシャワージェル。
複数買いしたのでどちらもウチにストックはあるんですけど(笑)。それくらいダイスキ。
今年の冬は、あまーいバニラを満喫しますー♪
スポンサーサイト

Dynamite out

■ 東京事変 ライヴDVD 「Dynamite out

Dynamite out ツアー「Dynamite!」のライヴが収録されています。

このDVD、ホント豪華です。
東京事変名義のCDに入ってる楽曲は全て収録されてるし、林檎姫ソロ時代の楽曲もいくつか。
収録時間から見ても、ライヴ1本分が丸ごと入ってると思っていいんじゃないでしょうか。
ドキュメンタリーが一切入っていないこともあって、みっちりライヴ映像が楽しめます(ドキュメンタリーは「Dynamite in」のほうに収録)。

CDよりとっつきやすいというか、わかりやすくかっこいいです。
これから東京事変を聴くなら、CDよりこのDVDのほうが個人的にはオススメです。
豪華だし。おトク感たっぷり。事変のライヴアレンジって本当にかっこいいし。
歌が荒れないこと、生ピアノがいっぱい鳴ってることは、ホント大きな魅力。

映像面でもわかりやすいなと思いました。ポイントを押さえたつくり、っていうのかな。
メンバーそれぞれの見せ場はもちろん、かっこいいところにきちんとスポットがあたるの。
目の準備?ができるように、「振り」のカットまで入ります。親切なつくりです。

ヒイズミ君視線ロックでも、かなり楽しめます(笑)。ホント親切だー。
飛んでたり跳ねてたり足上がってたりチョップしてたり笑ってたり。
カメラサービス?もしてる。わーい♪(笑) かわいいなぁホント。

大好きな「丸の内サディスティック」は、本当に素敵でした。
ヒアニカ! 林檎姫が吹いてます。ピアノソロもあるー。師匠かっこいいし。
見どころいっぱいありすぎて、どこがいちばん好き!とか言えないくらい楽しいです。
「丸の内~」「その淑女~」「御祭騒ぎ」「サービス」の流れはめちゃめちゃわくわくするし、しっとり系の曲はピアノと歌が本当にキレイだし。
ヒラマ氏楽曲の「if you can touch it」もかっこよかった。
今の段階で、いちばんのお気に入りは「母国情緒」。最高。
(その前は「御祭騒ぎ」、さらに前は「if you can touch it」でした。日々変動中。)

アレンジがかっこいい上に、映像的にも楽しくて、ホント大満足。
なによりメンバー全員、とっても楽しそうなのです。観てるこちら側も楽しくなってくるの。
Electric Mole」が個人的にすっごく良かったので、こちらはどうなんだろうと思っていたんですが、買って本当に良かった。「大のお気に入り」がまたひとつ増えました♪
これを観たことで、事変CDもさらに好きになったよ。
そして、これを観ると、きっとヒイズミ君にハマります(笑)。
すっごくかっこいい。そしてかわいい♪

配色イメージ見本帳

石田 恭嗣 著 「配色イメージ見本帳

このテの本はダイスキで、何冊も持ってたりします。
色見本がいっぱい並んでるのは、見てるだけで楽しいです。
なかでも、この本が好きです。目からウロコな部分がたくさんあったので。

本の帯にも書いてあるんですが、「配色イメージの基本は光(太陽光)である」というのが、この本の考えかたです。
光(太陽光)を、季節や時刻によって分類して、基本色の立方体が、その光源の違いによってどのように変化するかを表したものが、基本の配色サンプルとなっています。

光を基本とする考えかた、そこからさらにイメージを派生させていく考えかたが好きだなぁと思います。こういう本は何冊も見たけれど、「イメージ」っていうのがいつもピンとこなかったから。
例えば「夏」のイメージの配色。「真っ青な空と真っ赤な太陽をテーマカラーに、彩度・明度の高い色を用いて配色します」っていわれるより、「夏は陽射しがつよいからコントラストを強く、鮮やかに見える色はより鮮やかさを強調する」っていわれたほうが、わかりやすいというか、より納得できる気がします。(例の挙げかたがわかりづらいけれど・泣)

こういう本に挙げられている配色イメージサンプルが絶対的に正しい、ということはないと思います。
でも、この本の考えかたは好きです。なのでお気に入り。
2005年7月21日初版発行、と書いてあるし、でっかい本屋さんならどこにでもあるとおもいます。
色彩好きさんは、ぱらぱらと見てみると楽しいんじゃないかなぁとおもう一冊。

Beautiful Noise

布袋寅泰「Beautiful Noise」。

Beautiful Noise

布袋寅泰の著書「よい夢を、おやすみ。」の付録CD。
発行は'93年だって。うわ12年前ですか;;;。今は文庫版で出版されてるみたいですね。
(さすがに文庫版にCDはついてないと思うけど…)

自分の持ってるCDの中の、これからもずっと好きなんだろうなぁって思うものリスト。
その中のいちばん古いのがコレ。
(ちなみにその次に古いのが「TIME AXIS」)

全8曲のインストCDです。
なんてゆうか、夜っぽい感じの音楽。
夜の街とか、夜風とか。
最後の曲で、あぁ夜が明けるなぁ、みたいなイメージ。

布袋さんというと男っぽいロック・サイバー風味、ってイメージですか(なんだそれ)。
でもこのCDはそんな感じではありません。
綺麗で優しくてちょっとひねくれた布袋ワールドです(…と私は思う)。

本のほうは…実家に放置したっきりなんですが;;
CDはちゃんといつも手元にあります(だからケースがないの)。
もうずいぶん布袋さんのCD買ってないし新曲のタイトルも知らないけれど、
この「Beautiful Noise」はずっと好きです。
たぶん、これからも。

”RENDEZVOUS”

大のお気に入りアロマキャンドル。


"RENDEZVOUS"

真っ黒のローソクです。しかも名前が「ランデヴー」。アヤシさ全開(笑)。
まず「真っ黒」っていう見た目に惹かれたんですが、
においがめちゃくちゃ自分好みだったことに大感激。
たまにしかこーゆうモノは買いに行かないので、
買いに行ったら出てるだけ買い占めてくる(笑)くらいのお気に入り。

普通キャンドルってつるつるしてるじゃないですか。でもこのシリーズはざらざら。
「霜」みたいな固まりかたをします。なんか不思議。
「RENDEZVOUS」はイランイラン×ハイオイル×サンダルウッドのにおいです。

検索かけてみたらカタログ発見☆ 通販もできるみたい!
 →ジャックポット
 →キャンドルページはこっち。
「RENDEZVOUS」は黒1色なのですが、
同シリーズの他のは大体2~3色の綺麗な層になってます。
名前もかわいい♪「LOVE」とか「PEACE」とかお酒とか。

これ以上お気に入りのキャンドルは現れないだろうと思うくらいの、お気に入りです。
「RENDEZVOUS」に出会えてよかったー♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。